2010年に韓国の大邱で誕生したEYEWEARブランドSecond Round,通称”SNRD”。サーフィン、スケート、スノーボードいわゆる3Sをバックグラウンドにしながら音楽,ダンスなどのストリートカルチャーを融合させたライフスタイルブランド。創始者はBAE JUNG HYEN。彼はもともと日本の学生だった。日本で学びながら、好きなスケートやサーフの関連のグッズを扱う会社を大阪で仲間と立ち上げた。
その後、さらなる飛躍をめざし、韓国に戻り、2度目の会社を設立。それが今のSNRDの始まりだった。
ブランド名であるSecond Roundにはこの「2度目」そして「再チャレンジ」の意味が込められている。
SNRDの最大の魅力は素材にこだわっていること。大邱は軽量プラスチックフレームの分野では世界一の技術を誇る。その大邱で生産されるSNRDのフレームは非常に軽量で柔らかく,かつ耐久性に優れた素材のTR90を使用。また世界で初めてテンプルを付け替えて「サングラスで遊ぶ」という概念を導入したブランドでもある。これはテンプルを付け替えられるようネジの精度までもこだわることで可能となった。一度見たら忘れられないような多彩な柄や配色といったビジュアルでのインパクトと機能性、アーティストとのコラボレーションなどでSNRDの認知はアーティスト、ダンサー、スポーツ選手などに瞬く間に広まっていった。
EYEWEARを通して様々な輪を広げ,世界を繋げていく、日本でもSNRDの可能性に熱狂する日はそう遠くはない。

取り扱いショップ一覧